写真芸術第一学科

写真経験の有無にかかわらず、
撮影準備・撮影・暗室技術といった基礎技術をしっかり身につけ、
写真の周辺にある様々な知識を蓄える授業を履修します。

経験の有無にかかわらず、みんなが同じスタートライン

写真芸術第一学科1年生の授業は、一年間で写真の基礎を重点的に学んでいきます。写真の制作には、撮影以前の準備、撮影、プリント制作、三つの段階があり、それらが一つのつながりとなって写真が生まれていきます。

一年生の授業では、撮影以前の準備として、写真と写真を取りまく表現メディアの情報を学ぶための講義科目が多く用意されています。
実技では「クラス実習」の授業の中で、実際に写真を撮りながら、「撮影すること」、「カメラを使って表現すること」を学びます。また、写真集を見たり、写真展に出掛けて行く機会も多くありますが、そのなかで、写真から受けた印象を文章化する練習もします。こうした積み重ねによって、写真へのより深い理解が得られるでしょう。

写真技術の習得は、カメラという機械になるべく多くの時間触れることから始まります。「基礎演習」の授業では、カメラと一緒に丸一日過ごし、写真の仕組みを身体で覚えていきます。頭での理解だけでなく、カメラが目や手の一部となるくらい身体的に馴染んでくることによって、より自在にカメラのメカニズムを操ることができるようになります。

暗室、そしてデジタル・ プリント制作の工程も、実際に手を動かすことで技術を学んでいきます。こうした作業を繰り返すことで、自分にとって必要なテクニックを身に付けていきます。

夏休みが終わり、一通りの写真の工程を学び終える頃には、講義科目の内容は自分の作業とのつながりのなかでより興味深いものになってくるはずです。「クラス実習」も、与えられた課題を超えて、自分独自の写真への興味を得て、次のステージが見えてくるでしょう。

何が好きか、何をやってみたいのか、そこへ行くためにはどういう技術がふさわしく、どうすればその技術を自分のものにできるのか。好奇心を増幅して、より欲張りになるための一年間です。

講義科目
心理学、写真史通史、近代技術史、オンライン・フォト、現代美術論、基礎写真工学、写真家のための英会話、動画研究、マンガ論、体験「編集」、現代美術のエッセンス、映画作家研究

実習科目
クラス実習、基礎演習、暗室実習、デジタルと基礎表現、ビジュアルデザイン、造形演習、コンテンポラリーアート・トレーニング、合評

Q&A
Q. 入学時に必要な機材を教えてください。
A. マニュアル操作の可能なデジタル一眼レフカメラ(ミラーレス一眼を除く)が必要です。単焦点の標準レンズを推薦しますが、標準域をカバーするズームレンズでも代用可能です。他には、撮影時に使う露出計や、撮影データの保存に使うポータブルハードディスクなどが必要となります。

Q.「基礎演習」の具体的な内容を教えてください。
A. 4×5判ビューカメラという大型のフィルムカメラを用いて、カメラやレンズの原理、操作方法、さらに光によって物体がどのように変化して写るのかといったライティングや撮影時の露出設定など、撮影の基礎技術を学びます。

side013