池谷友秀さんインタビュー

「乃木坂46」のCDジャケットや高級チョコレートGOVIVAのポスターの写真を撮影するなど、ファッションや広告写真の分野で気鋭の写真家として活躍されている池谷友秀さん、一方で、ご自身のライフワークである「水と身体」をテーマに作品を作り続け、2010年には「PX3 PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS 2010 2nd place」を2012年には「International Photography Awards 2012 2nd place in People」を受賞するなど国内外で高い評価を得ています。2013年にはこのライフワークをまとめた作品集『BREATH』を刊行、また2013年度から第一学科3年生の「写真演習ゼミ・スタジオワークス」も担当していただいています。自身の作品について「この水と人間の姿を通して「生きる」ということを写真の中で表現していきたいと思っているからだ。」と語る池谷さん、その池谷さんの歩みについて、本学のギャラリーフォレストにおいでいただきお話を伺いました。

「水中の世界に引かれ、イタリアンシェフから転身」

-写真を始めたきっかけを教えてください。

高校を卒業してイタリアンレストランで8年間料理人をしていたのですが、その頃ダイビングが趣味で、よく潜りに行ってたんです。そこでプロの水中写真家と一緒のグループになる事が結構あって、その人たちの話を聞いているうちに「水中写真家になると世界中の海をただで潜りに行けるなんて良いな、」なんて単純に思い、自分もプロの水中写真家になりたいと思ったのがきっかですね。

-池谷さんの写真の原点はやはり水中だったのですね、最新作『BREATH』にも繋がるように思えとても興味深いお話です、それで、本校に進学しようと決めた理由はなんですか?

「水中写真家」になりたいと単純に思ってはいたのですが、その頃は写真の事なんて何も知らなかったんで、それでまず写真の学校へ行こうって思たんです。
当時は、インターネットがまだ身近じゃなかったので、まずいろいろな専門学校の学校要覧を取り寄せました。

学校要覧のなかで篠山紀信さん(本校3期生)をはじめ自分が知っている写真家の多くがこの学校の出身者だということが決め手になり東京綜合写真専門学校に入学することを決めました。

-実際に入学してみどうでしたか?

1 年生のクラス担任は渡部良治先生(本校元講師)だったのですが、同級生 の写真を見たり、講義や実習を通して、いろいろな写真があることを知りまし た。でも、渡部先生にはなかなか海の写真は見せられなかったですね。

当時 は、ライブハウス帰りの女性に声をかけてポートレイトを撮影したり、知り合い の女性を撮ったり、女性の写真ばかり見せていました。ライブハウスの前は暗くて、その頃持っていたストロボでは全然光量が足りず、友達のストロボをかき集めて5台くらいのストロボをガムテープで繋いだ急ごしらえのライトで撮影しました。今思うと、 ずいぶん見すぼらしいライトでしたね。 ただ、写真の知識が全くない状態で入学した自分にとっては、海以外の写真を撮ることで、写真 の多様性ということを学んだのではないかと思っています。

入学と同時にレストランの仕事は辞めていたので、その時は写真のスタジオでアルバイトしていました。車を撮影していたカメラマンのアシスタントもしましたね。

2年生になると自分の表現や進路を見据えてゼミナールを選択するのですが、自分は鈴木理策先生(本校26期卒、現東京芸術大学准教授)のゼミにしました。この頃ようやく海の写真を先生に見てもらい、厳しいことも含め色々と言ってもらえるようになりました。

基礎的な理論を教えてくれる講義の時間、撮影やプリントなどの写真の実践を教えてくれる実習など色々な授業がありましたが、そういう授業を通して一番感じたことは写真の見方、読み方はいろいろあるんだということです。時には先生同士も意見が割れたりして、そういう部分も含め面白いと感じました。

在学中の2年間で、自分の写真を色々な角度から見られるようになったことが一番の財産だと思っています。

「フリーになって最初の仕事はレーサーのポートレート」

-卒業してからは?

キャラッツというコマーシャルスタジオにアシスタントとして入りました。そこは高崎勝二さんが社長で、今でも良くテレビでCMがながれているJRの「そうだ 京都、行こう」などメジャーな広告を制作しているところでした。すごく上下関係が厳しい会社で、働いていた期間は1年でしたがスチールもムービーも多くの素晴らしい仕事に関わることが出来ました。そこでの経験は今の自分の作業にとても役に立っています。

キャラッツをやめてフリーカメラマンになりました。フリーになって最初の仕事はレース雑誌の仕事でした。レーサーのポートレイト写真です。

-池谷さんは就職後もずっとご自身で作品をつくられていますね

荒木経惟さんの写真展を見に行ったとき自分の写真を見てもらう機会がありました。その頃はファッション誌が好きだったし、フリーランスになりファション誌の仕事もしていたのでそのような写真を見せました。そうすると荒木さんに「雑誌に載ってるような写真撮ってちゃだめだよ」と言われましたね。その事がきっかけでもともと好きだった海の波打ち際で撮るポートレイト『WAVE』というシリーズを作り始めました。

その作品を日本の色々な写真コンペに出したのですが何処もダメでした。日本がダメなら海外だと思い、海外のコンペを調べインターナショナルフォトアワードというコンペに応募したら入選しました。

その後、作品を大きなサイズにプリントしたくてエプソンサービスにお願いに行きました。その時にエプソンギャラリーの方が私の作品を気に入って下さって、それでエプソンギャラリーのリニューアルオープンのこけら落としの展覧会の展示が決まりました。

またとないお話をいただいたので、この展覧会ではなんとしても新作を展示しようということを心に決め、そして撮り始めたのが写真集になった作品です。

前々から友人のダンサーと水中で写真を撮ったら面白くなるよねって話していて、それに自分の特技であるダイビングを活かせるという事もあって。ダイビングショップのプールを貸し切り、何人もの助手を使い、大型ストロボをセットして、数人のモデルさんを交代で撮影しました。モデルさんは1回20秒くらいしか潜れないのですが、私は先に飛び込んで2分くらい水中でカメラをかまえています。準備の時はボンベを使いますが撮影の時は余分な泡が写るので素潜りで撮影します。1日に100回近く飛び込んでもらいました。結局、エプサイトでの展示開始1ヶ月前くらいまで撮影してましたね。

-その後作品の展開は?

エプサイトでの展示を見て下さった方の紹介で他のギャラリーでも展示する機会を持てました。またその作品をヨーロッパのコンペに応募したところ、幸運にも入選し、それがヨーロッパの雑誌で紹介されたり、ドイツのギャラリーから展示の話をいただいたり、日本のギャラリーで展示も決まりました。

今年になって、パリやケルンなど7カ所で展示をしました。また、それらの作品をまとめた写真集『BREATH』 を出版しました。

池谷さんの最新写真集『BEATH』、2013年、池谷さんは写真集の出版を初め、個展、アートフェアへの参加など1年で7回も展示があるという飛躍の1年でした。

– 今年から学校で教えて頂いていますが

教えるのは難しいですがとても面白いです。

僕の授業は、できるだけ実践的な授業でありたいと思っています。先日も販売代理店さんに協力していただいて最新の大型ストロボを使って新しいライティングを試みる授業なんかもしました。「スタジオワークス」という文字通りスタジオ撮影を実習するゼミナールを担当していますが、学生には、スタジオワークにとどまらず、いろんな事にチャレンジしてほしいですね。

授業は、教え、教えられるという関係でなく、独立した写真家同士として、写真について一緒に考える場だと思っています。

池谷友秀さん
本校42期生
現在フリーランスフォトグラファー

2007年 International Photography Awards 2007 1st place  in Advertising (self promotion)、 PX3 PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS “WATER”
2008年 Competition 2008 Honorable Mentions
2009年 International Photography Awards 2009 1st place  in People (other) for “BREATH”、International Photography Awards 2009 2nd place  in Special (moving images) for “BREATH”、 Xto image award 2010 1st place in Body in Nature for “BREATH”
2010年 PX3 PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS 2010 2nd place in Fine art (nudes) for “BREATH”
2011年 International Photography Awards 2012 2nd place  in People (other) ” など海外での受賞多数
(池谷さんの作品について詳しくはこちらhttp://tomohide-ikeya.com/Tomohide_Ikeya/WORKS/WORKS.html

また、「乃木坂46」のCDジャケットを初めとして、多くの広告写真、ファッション写真を手がける。

(池谷さんのお仕事について詳しくはこちらhttp://tomohide-ikeya.com/Tomohide_Ikeya/EDITORIAL_ADVERTISING/EDITORIAL_ADVERTISING.html

池谷さんのwebサイトhttp://tomohide-ikeya.com/

2013年12月本校のギャラリーフォレストにて
聞き手 森田衣起(本校講師)