写真芸術第一学科 3年生

ゼミによる少人数指導の授業と、
卒業制作・卒業論文が主体です。
写真家としての自分の方向性を意識し、
プロデビューするための準備を完了します。

じっくり時間をかけて、作品をまとめ上げる一年間

卒業までの最後の一年間、ゼミナールでの作品制作が中心となります。

作家を目指す人、カメラマンとして商業写真を目指す人、写真の周辺領域でクリエイターとしての道を求める人。多くの先輩が、写真の世界であるいは写真から見出したクリエイティブな現場で、活躍しています。それぞれが写真を学ぶことで発見した世界を進んでいるといえるでしょう。

実習系の授業では、もう一度初心にかえり、モノクロプリントの技術を究めていきます。1年生のときには見えなかったモノクロ写真の持つ豊かな階調も、もう見極めることが出来るはずです。標準の調子だけではない、自分だけのトーンを見つけ、制作し、展示し、保存することまでの一連の流れを積み重ねていきます。

スタジオでの人物撮影も、学生それぞれの目標に向かって、講師の指導を受けます。すでに、技術の習得ではなく、イメージを写真に置き換えていく作業です。

卒業論文は、言葉にすることで自分の考えを検証するという貴重なチャンスです。写真と並行して言葉というコミュニケーションの手段を持つことは、表現の世界では大きな武器になるはずです。

第三者へ自分の写真をプレゼンテーションする方法として、写真展、写真集、電子書籍の制作等のスキルをブラッシュアップさせていくのも、最後の年の課題です。

また、最終学年として、卒業後の進路指導を行う「キャリアサポート」がカリキュラムに組まれています。

講義科目
現代写真の動向、卒論指導、キャリアサポート

実習科目
写真表現ゼミⅠ、写真表現ゼミⅡ、写真演習ゼミⅠ・プリントワークス、写真演習ゼミⅡ・スタジオワークス、電子書籍、卒業制作指導

Q&A
Q. 3年生でしか選択できないゼミがあるのですか?
A. いくつかのゼミナールは、3年生のみ選択履修が可能となります。自由度の高い選択のなかで、フレキシブルに自分の作品制作の時間を作り出すことが可能となります。

Q. ゼミナールの選択が複雑に思えるのですが。
A. 学んでいくなかで、自らの進路を見つけていきますから、3年生に進級する頃には、ゼミナールの選択で迷うことはなくなります。2年生で選択したゼミナールを含めて、いくつものゼミナールを選び、勉強することができます。

_DSC1691