写真芸術第二学科 1年生

1日3時間の時間内に効率的に組まれた教養科目と
実習・演習で集中的に基礎の力を養います。
短時間で吸収する主体的な取り組みが必要です。

凝縮した時間が、糧になっていく一年間です

写真芸術第二学科は、一日あたりの授業時間が、写真芸術第一学科の半分の3時間です。短い時間のなかでより効率的に写真を学んでくためのカリキュラムが組まれています。

講義科目は月曜日と火曜日に設定され、写真を取り巻くさまざまなメディアへの知識を深めていきます。近代芸術としての写真、その隣接領域への知識を得ることによって、表現としての写真の社会的役割を理解していきます。

さまざまなバックグラウンドや経験の異なる同級生の間で、最初は戸惑うこともあるでしょう。しかし、そうした時期を過ぎ、仲間とのコミュニケーションが始まれば、写真を学ぶ充実した時間がうまれてきます。

短期間で写真を学ぶとき、生活やほかの学業や仕事などと両立させるための時間のコントロールが必要になってきます。課題の提出が求められ、一日の時間を写真が浸食していきます。無理せず、自分のペースを探っていきましょう。自分のペースがつかめたら、集中した写真の勉強が可能になってきます。

「クラス実習」では、写真というメディアの性質について学びます。メディアへの認識を深めるためには、基礎的な技術を学びつつ同時に知識を得るという方法が有効だからです。手と体で覚えつつ、頭で理解し組み立てていきます。深い経験と知識をもった講師のサポートにより、自分が目指していく写真の方向が見えてくるでしょう。

写真芸術第一学科同様に、基礎技術の習得の過程で得られる写真への原理的理解、同級生と触発しあうことで磨かれていく感受性のアンテナ、写真の愉しさ、奥深さを再発見してください。

講義科目
現代美術論、基礎写真工学、写真史通史

実習科目
クラス実習、基礎演習、暗室実習、デジタルと基礎表現、合評

Q&A
Q. 入学時に必要な機材を教えてください。
A. マニュアル操作の可能なデジタル一眼レフカメラ(ミラーレス一眼を除く)が必要です。単焦点の標準レンズを推薦しますが、標準域をカバーするズームレンズでも代用可能です。他には、撮影時に使う露出計や、撮影データの保存に使うポータブルハードディスクなどが必要となります。

Q. フィルムカメラは必要ですか?
A. 「暗室実習」や2年生での選択科目の「写真演習ゼミ(カラープリント)」など、一部の授業においてはフィルムカメラでの撮影を必須とするので、フィルムカメラを所有しているほうが望ましいですが、入手が困難な学生には、学校のカメラを貸し出しています。

CF001794