© 吉村 朗

© tomohide ikeya

東京綜合写真専門学校

展覧会情報

吉村朗の眼 Eyes of Akira Yoshimura

東京綜合写真専門学校企画展
吉村朗の眼 Eyes of Akira Yoshimura

写真表現の革新を目指し
絶えざる前進を続けた
吉村朗がこの世を去ってはや10年
──その鬼才を振り返る

吉村朗が挑んだ”新たな物語”のための写真 ──それは、まさに止むことのない実験であった。1980年代半ばより都市のスナップ写真家として脚光を浴びた後、1990年代に大きく作風を変え、現代も跳梁跋扈する日本近代という怪物をめぐって自己の実存と歴史のあり方を重ね合わせ問い掛ける問題作を発表し、内外の注目を集めた。生前、その仕事は一部の評論家と作家を除けば、けして広く評価されることはなかった。吉村朗は、そうした状況をものともせず、馴化されず、媚を売らず、自らの道を突き進んだ。孤高の写真家の眼差しの軌跡と奇跡に刮目せよ!

展示作品・資料(約200点)
・分水嶺/The River 1995
・闇の呼ぶ声/Dark Calls 1996
・新物語/New Story 2000
・ジェノグラム/Genogram2001
・THE ROUTE 釜山・1993
・Hong Kong 1996
・抗議するひと (リトル釜山フェスタ 11月23日 山口県下関市竹崎町)
・ウィークエンド・ピクチャー 1983
・セルフポートレート など

主催・企画: 東京綜合写真専門学校
キュレーション: 深川雅文(キュレーター/クリティック)
ディレクション: 鵜沢淑人
協力: 大隅直人(さいはて社代表) 飯沢耕太郎(写真評論家)

展覧会関連イベント「トークショー」
登壇者: 大隅直人(さいはて社代表)、深川雅文(本展キュレーター)、楢橋朝子(写真家)
日時: 11月3日(木) 14:00〜16:00
場所: 東京綜合写真専門学校
    ※定員50名・先着順
    ※入場無料

展覧会特設サイト https://gallery.tcp.ac.jp/

会期:2022年10月11日(火)-11月19日(土)【日曜・祝日休館】
【11月初旬のみ例外あり:11月1日~3日開館、11月4~6日休館】
時間:月~金・10:00-19:00、土・11:00-7:00

会場:東京綜合写真専門学校・4FGallery Forest
所在地:神奈川県横浜市港北区箕輪町2-2-32
******************************************
観覧ご希望の方は来校時に受付にお申し出ください。
また、新型コロナウイルス防止対策を踏まえた以下の対応をお願い致します。
【来校前】咳、発熱等、体調がすぐれない場合は来場をお控えください。
【入校時】検温及び手指の消毒にご協力ください。校内ではマスクの着用をお願い致します。
【観覧中】会場では、他の観覧者と近付き過ぎないよう適切な距離の維持にご留意ください。

post:2022-09-07

〒223-0051 神奈川県横浜市港北区箕輪町2-2-32
TEL:045-563-3077 | FAX:045-563-2050