昼間部への入学

写真芸術第一学科の紹介

当校の写真芸術第一学科は、9時から16時までゆとりを持って学びたい人を対象にしています。他のコースとの違いは、実習時間が長いこと、写真以外の文化芸術に関する講義の授業が多いこと、また、講義は大学の一般教養に該当するような内容で充実していることがあげられます。

卒業時には、専門士の称号が付与され、大学に転入される資格を得ることができます。

講師陣はほかのコースと同様、すべて第一線で活躍する写真家、批評家であり、「どの学生にも創造的才能が潜在するという観点に立脚し、それをどのように引き出し開花させられるか」という教育理念のもと、その豊かな経験に裏打ちされ講師との一対一の指導による実践的な授業が行われます。

3年制で、ほかのコースより修学期間が長く、また1クラスも少人数なので、より緊密で時間をかけた指導を受けることができます。三年次はゼミナールと卒業制作・卒業論文を中心に卒業後を見据えた、自分が目指す写真についてじっくりと学習することができます。

写真芸術第一学科のページへ

 

写真芸術第一学科BASICの紹介

BASICは、3年制の写真芸術第一学科と夜間部2年制の写真芸術第二学科の長所をあわせた、2年制の短期集中型のコースです。一年次に昼間部の全課程の半分を学習するカリキュラムになっています。

すでに大学など高校以上の教育機関で他分野について学んだ人に修学しやすいコースです。

この写真芸術第一学科およびBASICは「一般入学」「推薦入学(学校推薦・特別推薦)」「AO入学」のそれぞれの入学制度が適用されます。

写真芸術第一学科BASICのページへ

 

入試、納付金などについて詳しくは募集要項をご覧下さい。

昼間部への入学