綜合写専について

東京綜合写真専門学校は、55年にわたって個性豊かな写真家や評論家が指導陣となり、近代科学の所産である「写真」というメディアが持つ無限の可能性について探求してきました。少数先鋭で鍛え上げられた卒業生は、各分野で素晴らしい活躍を見せています。

bnr01

教育理念
学生一人ひとりの潜在的な能力を引き出し、個性を育てる

写真は世界中のあらゆる出来事を記録し、それを瞬時に多くの人々に伝えることができます。それゆえ報道写真やドキュメンタリー写真は、社会の証人として信頼されてきました。(続きを読む)

bnr02
校長メッセージ

ともに写真の無限の
可能性を探る

皆さんはなぜ写真に興味を持たれたのでしょう。写真が発明されて170年あまり、現代文明にとって映像の役割には限りがありません。映像技術のなかで最もプリミティブな原理である写真は、光を使って映像のある瞬間を固定することができます。(続きを読む

bnr03
重森弘淹について

表現とは作者の批評行為であり、
それなくして表現は存在しない

創立者・重森弘淹(1926〜92)は、同志社大学文学部卒業後、1949年「いけばな芸術」の編集長となり、勅使河原宏氏らとともに、流派を超えた新しいいけばなの方向を模索し始めました。(続きを読む

bnr04
本校について

写真で生きるための知識、技術、哲学・教養を学べる専門学校

東京綜合写真専門学校の特色は、第一線で活躍する写真家、批評家が直接学生の指導にあたっていることにあります。(続きを読む
– 沿革
– 施設・設備
– 周辺の環境
– 交通アクセス

bnr05

キャリアサポート
卒業後の進路についての情報や本校の取り組みについてお知らせします。

写真家としての技術や表現力を発揮できる仕事を求め、活躍の場を得た卒業生や、雑誌や広告の仕事で個性を発揮しているフォトグラファー、ブライダル写真で活躍する先輩など。進路は多岐に渡っており、「どこの現場でも卒業生に会う」というくらいに様々なジャンルに数多くのフォトグラファーを輩出しています。(続きを読む

卒業後の進路

本校の教育の成果として最も誇るべきもの、それは卒業生の活躍に他なりません。(続きを読む

主な就職先

主な就職先一覧です。スタジオ、出版社から、医療機関まで、幅広い就職先があります。(続きを読む

活躍する卒業生

当校は、写真の直木賞といわれる「土門拳賞」、芥川賞と言われる「木村伊兵衛写真賞」の受賞作家をもっとも多く輩出しています。(続きを読む

卒業生インタビュー

本校を卒業した先輩が実際にどのように活躍しているのか、現場を訪ねお話を伺いました。(続きを読む