特待生制度・奨学金制度・教育ローン

特待生制度

本校を第一志望とする入学志願者の内、写真家になる志しを持ち、人物・学力ともに優れた方は入学時納付金の一部を減免する「特待生制度」の審査を受けることができます。

特待生制度対象者… 次のいずれかに該当される方。

  1. AO 入学、推薦入学(学校推薦、特別推薦)で出願される方。
  2. 高等学校の成績評定が 3.5 以上の方。
  3. 過去 3 年以内にコンクールで入賞された方。
  4. 本校卒業生から推薦を受けた方。

※特待生の審査を希望される方は、事前に「特待生審査申請書」を取り寄せ、出願時に提出してください。
※特待生制度の受付期間は、第1回~第3回の各選考日程に限ります。但し、特待生の採用予定数に達した際には、受付期間内であっても、早期に特待生の募集を終了することがあります。


日本学生支援機構奨学金制度

経済的理由により修学が困難である学生に対して日本学生支援機構が学資の貸与を行う制度です。入学後に本校を通じて奨学生の募集、選考が行われます。高校生の場合、高等学校で行う予約採用制度に申し込むこともできます。無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金があり、卒業までの期間、毎月定められた額の貸与が受けられます。
入学後すぐに申し込む場合、入学時特別増額貸与奨学金をあわせて申し込むことができます。
いずれも、人物・健康・学力・家計状況により審査・選考されます。

第一種奨学金貸与月額(無利子)
自宅通学者…… 30,000 円、53,000 円から選択。
自宅外通学者… 30,000 円、60,000 円から選択。
第二種奨学金貸与月額(有利子・上限年利 3%、平成 29 年 3 月現在 0.01%~ 0.53%)
30,000 円、50,000 円、80,000 円、100,000 円、120,000 円から選択。

日本学生支援機構奨学金制度は貸与形式による奨学金のため、卒業の半年後から返還を開始することになります。
貸与・返還時に人的保証制度を選択した場合、原則として父母または 4 親等以内の親族から連帯保証人および保証人を選定していただきます。


重森弘淹奨学金制度

本校での成績が優れ、制作意欲旺盛な学生に対する援助・育成を目的とした本校が独自に行う奨学金制度です。
留学生を含む 2 学年以上の在学生が対象ですが、講師の推薦を受けた学生のみ申請できます。奨学生として採用された学生は、1年間奨学金の給付を受けることができます。


私費外国人留学生等学習奨励費給付制度

日本学生支援機構が日本の大学等に在籍する私費外国人留学生に対して行う育英奨学金制度で、学業・人物ともに優れ、かつ、経済的理由により修学が困難である学生が選考対象です。給付月額は 48,000 円(2016 年度)で、6ヶ月または1年間、給付を受けることができます。


提携(指定教育)ローン

本校入学者、在校生は、(株)オリエントコーポレーションと提携した、東京綜合写真専門学校指定教育ローン「学費サポートプラン」をご利用いただけます。日本学生支援機構等の奨学金に比べ、審査期間も短期で提出書類も少なく入学前であっても申し込み可能です。また入学後であっても追加の利用の可能です。
詳しくは、専用ホームページ http://www.orico.tv/gakuhi/?clientid=15564420 でご確認ください。


国の教育ローン

本校に入学される方の保護者は、世帯収入に応じて、日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)を利用することができます。詳しくは日本政策金融公庫の各支店、最寄の金融機関(銀行・信用金庫・労働金庫・農協・漁協)にお問い合わせください。

国の教育ローントップページ https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

2014_tcp1564