キャリアサポート

卒業後の進路についての情報や本校の取り組みについてお知らせします。

bnr05

卒業後の進路

本校は、独自の教育方針を持ち、柔軟な考えを持った写真家を育てることを目標にしています。写真家としての技術や表現力を発揮できる仕事を求め、活躍の場を得た卒業生や、雑誌や広告の仕事で個性を発揮しているフォトグラファー、ブライダル写真で活躍する先輩など。進路は多岐に渡っており、「どこの現場でも卒業生に会う」というくらいに様々なジャンルに数多くのフォトグラファーを輩出しています。
活躍する卒業生

就職

求人は、写真芸術第一学科、写真芸術第一学科BASIC、写真芸術第二学科の区別なく、就職担当職員が相談窓口となり、一人ひとりの適正を考慮しながら相談にのっています。学内には「就職掲示板」を設置し、進路情報を公開しています。求人件数はこの数年間、その年に卒業する学生数の数倍来ています。最近の傾向としては、4月採用が減少し、随時採用ということで、年間を通じて求人が来るようになりました。

主な就職先 就職について

仕事の種類

就職先

卒業後、まずはスタジオや写真に関連のある会社に就職し、アシスタントなどから仕事を始めるのが一般的です。会社に就職し、組織のなかで与えられた仕事をしながら実力を蓄えます。その後、独立して個人でカメラマンとして仕事を始めることも数多くあります。

また、近年は、従来の制作会社やスタジオ、出版社に加え、ホテルなどのブライダルカメラマンの求人や企業の広報室など、新しい人材タイプの求人も増えています。

研究科への進学

研究科は、大学院のように卒業後もさらに自分の作品を作り続けたい人の為の課程です。年限は二年制となっており、学年を分けての授業ではなく、現役作家として活躍する方々を先生に迎えての、1年生2年生が合同での授業となります。そのため同期以外の学生とも接点を持つことができます。研究科は実際に自らの作品を世に送り出す為の実践的授業となっており、研究科で学んだ多くの先輩たちが、写真作家として活躍しています。

キャリアサポート

本校では、卒業後の進路を考える授業として月1回程度「キャリアサポート」を開講しています。
「キャリアサポート」は写真の現場で活躍している方を講師に迎え、実際に写真界で働くこと、講師の方がどのようにして今の「職業」についたのか、写真界でのキャリア形成について具体的なお話を伺い、学生の進路選択を後押ししています。

卒業後もフォロー

本校では、卒業後も就職担当職員や講師が随時相談に乗っています。就職後の様々事柄にも対応しています。また、本校の幅広いネットワークで中途採用の紹介など、再就職支援も行っています。

卒業生インタビュー

本校を卒業した先輩が実際にどのように活躍しているのか、現場を訪ねお話を伺いました。

MG_2512_2MG_0953MG_1153MG_9898MG_9370cs-03-01
卒業生インタビュー